プロが教える空調機の掃除方法

暑い夏が近づいてくると、空調機メンテナンスを考える方が多いのではないでしょうか?ただ、空調機は高い場所にあることが多く、フィルターなどは分解しなければ洗浄出来ませんので、億劫に感じている方も多いと思います。空調機はカビの温床になりやすいため、特に小さなお子様がいる家庭では、しっかりとメンテナンスすることをおすすめします。

清掃を始める前の準備

清掃を始める前の準備

空調機清掃では、本体を拭く雑巾、フィルターを掃除する掃除機、細かい汚れを落とすためのブラシやスポンジなどが必要になります。

また、高い場所にある空調機の場合は、汚れや水滴などが床に落ちやすいため、新聞紙やレジャーシートなどを敷いておくことが大切です。そして、掃除を始める前には必ずコンセントを抜いておきましょう。掃除中に誤って作動させてしまうと、故障や怪我の原因になってしまいます。

フィルター清掃のコツ

空調機を清掃する上で最も大変なのが、フィルター清掃です。フィルターはプラスチック樹脂の物が多いため、無理やり取り出そうとすると破損する原因となります。フィルターに溜まっている埃やゴミは最初に掃除機で吸うことで、ある程度は落とすことが出来ます。

ただ、フィルターの内側から吸うと目詰まりを起こす原因となりますので、注意が必要です。掃除機で取れなかった細かい汚れは、使い古しの歯ブラシなどで軽く擦ることでよく取れます。もし、それでも綺麗にならない場合は、浴室や庭で水洗いをしましょう。ただ、掃除機の時とは逆に外側から水を掛けてしまうと目詰まりの原因となるため、内側から水を掛けて下さい。

掃除が終わった後の仕上げ

掃除が終わった後の仕上げ

フィルターを水洗いした後は、必ずしっかりと乾燥させます。水分が残っている状態で空調機に取り付けてしまうと、カビの発生やエアコンが故障してしまう原因にもつながります。

そして、空調機の清掃が終わった後は、コンプレッサーを作動させないファンのモーターだけを動かす送風運転を行って、風を通すようにして下さい。

空調機のメンテナンスは月に1度行うことが理想ですが、難しい場合は是非アドクリーンにお任せ下さい。大阪にあるアドクリーンでは、空調機のメンテナンスや清掃の他にも、内装工事、設備点検植栽管理等も行なっています。中でも得意の清掃は、日常清掃から定期清掃まで行っていますので、お気軽にご利用下さい。